Skip to: Site menu | Main content

貧血による頭痛と鉄分摂取

貧血は特に女性に多い症状です。
生理が起こる時に大量の血液が出たり、出産の際に血液が出てしまうことで起こることがあります。
貧血になってしまうと、体の中の血液が少なくなっている状態なので、立ちくらみや動悸息切れや頭痛などの不調が現れてきます。
貧血を改善する方法の一つとして、鉄分の摂取があります。
鉄分は肉類のレバーやあさりやしじみなどの貝類、小松菜やほうれん草などの葉野菜に多く含まれています。
しかし、毎日の食事で摂取することを心がけても、一日に必要な鉄分の量を摂ることはなかなか難しいので、サプリメントや薬から補うことも多いです。
ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高くなるのでおすすめです。
特に妊娠中の女性にとってはとても大切な栄養素になりますので、一般女性よりも多くの鉄分を摂らなければならないので、意識して積極的に摂るようにしましょう。
鉄分は血液を作るためのとても重要な栄養素ですので、欠乏することのないように意識することが大切です。

鉄不足が貧血の原因になる

貧血にはいくつかの種類がありますが、赤血球の主原料である鉄が欠乏することによって引き起こされるものが全体の7割であり、発生頻度が高いものです。
これが起きる原因として、食事からの摂取量の不足があります。通常の成人が1日に必要とする鉄の摂取量は1㎎ですが、吸収率が10%程度であるため、実際には食事から10㎎摂取しなければ不足します。また、成長期や生理、妊婦の場合はこれよりも多く摂取する必要があります。また、消化器に障害があると吸収率が落ちるため、より多く摂取する必要があります。
痔や潰瘍、がんなどによって慢性的な出血が起こっている場合にも鉄が不足し、この種類の貧血の中でも最も多い原因になります。出血が多いと、便が黒くなったりねばねばした状態になることがあります。この状態は生命に危険があるため、病院で検査を行うべきです。また、少量の出血の場合は気付きにくいですが、がんに関連している危険性もあるため、貧血の症状が長期的に続く場合も病院で検査を行うのが良いです。

鉄分を取って貧血の対策をしましょう

私たちは疲れていると、めまいや立ちくらみを起こすことがあります。
これは鉄欠乏性貧血といって、血液が少なくなって起こるものです。
特に女性は、生理などで血液が排出されてしまい、貧血になりやすいのです。
また、女性は妊娠すると、赤ちゃんに栄養を取られてしまいますので、より貧血になります。
そのため、妊娠中は、医師から鉄分のサプリメントを処方されることもあります。
また、鉄分が多い食事を取るように指導を受けたりもします。
鉄分の多い食材としては、牡蠣やゴマ、ほうれん草、小松菜、プルーンなどがあります。
レバーも鉄分は豊富ですが、妊娠中はビタミンAが多いので、流産や早産の可能性がありますので、控えたほうが良いでしょう。
ゴマでしたら、ほうれん草のおひたしにかけても良いですし、簡単に取ることが出来ますので、貧血対策に効果的です。
小松菜やほうれん草は果物と一緒に、ジュースにしても良いですし、食物繊維も豊富ですので、お通じも良くなって、妊婦に多い便秘も改善することが出来ます。
身体に良いものを摂取して、健康的な生活を送りましょう。